2009年06月22日

mihimaru GT(ミヒマル)の面白い一面



新曲「Switch]発売中のmihimaru GTですが、このCDTVのライブは面白い!

ラスト5秒あたりのhirokoちゃんに注目っ!!
hirokoちゃんらしい(*^_^*)


タグ:mihimaru GT
【mihimaruGT(ミヒマル)の最新記事】
posted by ミヒマニア at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | mihimaruGT(ミヒマル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

mihimaruGT新曲「Switch」は、かなりいい!



【↑削除されてますね。 ↓こちらで見れます。】
YoutubeでmihimaruGTの新曲「Switch」がアップされてましたね。

世界卓球選手権のテーマ曲ですでに流れてたときから、「あっ!すごい良い曲!」と思いましたね。
AEONのCMタイアップ曲でもあるし、元気が出る曲だし、かなりヒットしそうっ!!
(しかしPVもCMも、やっぱhirokoちゃんは可愛いっ!見てると元気出る。)

ほぼ同時期(だったかな?)に発売の曲名「とろけちゃうダンディ」(笑)も楽しみ。
(*^^*)

posted by ミヒマニア at 14:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | mihimaruGT(ミヒマル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月末時点の資産状況と今後の方向

忘れぬうちに5月末時点でのポートフォリオ(ETFのみ:円換算)状況を。

・2009年5月末/3.9%(対前月進捗率)


5月に関しては、
・IWM・EFA・VWO・IXG・DRW・2800HK・2823HKがプラス
・TIP・GLD・LSCがマイナス

なお、3月から4月にかけては、
世界金融株(IXG)と世界不動産株(DRW)が勢い良く戻し、


4月から5月にかけては
新興国株(VWO)と中国・香港株が勢いが良いという状況でしたね。
(世界金融株と世界不動産株は少し勢いが止まったかな?)
中国・香港株はいずれも勢いが良いという状況。



4〜5月で実施したこと。

・EFA売却(VWOをその分買い増した、今後も元気がいいのは俄然こっちだと思うので。)
・TIP売却(インフレ対策はGLDと商品ETFでいいかと判断、利息低いのも不満だったし。)
・中国・香港株を小額で追加購入継続



そして総資産(収入からの貯蓄含:円ベース)で見ると、

・2009年1月末と比較した場合の2009年5月の進捗率/5.1%


微増ですね。
うーん・・株式市場が戻ったといえ、
やっぱ以前みたいな感じではないですねぇ。
(以前の過去5〜6年伸びのスピードが凄すぎただけか・・)


今、気をつけてるのは、

・中国・香港株、特に本土株式指数。
 もし下落に転じたら、大幅に購入に踏み切るか。
 その前に一旦は売却するか。悩み中...(_´Д‘)


・金(GLD)は目先ウロウロしそう。


こんな感じでしょうか。



 

posted by ミヒマニア at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

海外送金の方法

ブナ林のリスさんから質問をいただいて、ふと思ったのですが、

私は、海外の金融機関でも資産運用をしているんですけど、海外の金融機関には高利回りな商品なども結構あるんですけど、その前に【海外送金】のこととか、そもそも書いていないよなぁーと思ったので、簡単にまとめてみました。

Aパターン(野村証券シティバンクジャパンまたは新生銀行)
Bパターン(Go Lloyds
Cパターン(外為どっとコム→シティバンクジャパンまたは新生銀行)

【※追記】
上記Cパターンとして、マネックス証券も加わります。マネックス証券も国内金融機関へ外貨出金できます。結構安い送金手数料(2000円)です。しかも最低100通貨単位で入出金できます。

ざっくり説明しますと、

Aパターン(野村證券−シティバンクジャパン)

@野村證券で外貨購入
A野村証券からシティバンクジャパンへ外貨のまま国内送金(送金手数料無料)
Bシティバンクジャパンから海外送金

・野村証券では1万円以上1000円単位で積立が可能です。
 (取扱外貨は、米ドル・ユーロ・豪ドル・ポンド・カナダドル・NZドル)
・前月の月間平均総取引残高が100万円以上場合、シティバンク オンラインを利用して電信送金した場合、送金手数料は2,000円(それ以下の場合、3,500円)。

・なお、シティバンクジャパンの代わりに新生銀行を利用する場合、外貨送金手数料4,000円です



Bパターン(Go Lloyds)

金額にかかわらず1回につき2,000円です。
円建てで海外送金をする場合は、手数料2,000円に加えて
別途送金額の0.1%(最低1,500円)の円為替手数料がかかります。



Cパターン(外為どっとコムの外貨ネクスト)
外為どっとコムの外貨ネクストで外貨FX取引後に国内金融機関に外貨のまま送金(手数料3,500円)
(ただし、1通貨あたり最低10,000通貨以上が条件ですね)
また現在、送金先が三井住友銀行の本支店を登録している場合、期間限定で「現受・外貨送金手数料無料キャンペーン」中みたいですね。


A〜Cのどれもメリット・デメリットがあるんですよねぇー。

A
メリット
・円から外貨へ変えるのは通常の外貨MMFなので、比較的有利です。
・世界規模のシティバンクのネットワークを利用するので、送金先のリフティングチャージ
(送金先の海外金融機関での手数料)がかからないケースが多い。
あくまで今までの私の経験上です。かかるケースもあると思いますよ。)

デメリット
・2000円で海外送金するにはシティバンクに最低100万円預けておく必要があります。
(投資に絶対に使わない資金の一部として、プールしていると私は捉えてます。)


B
メリット
・登録をするだけで気軽に使える。

デメリット
・為替レートが1日1回で、そのレートでFIXされてしまう。
・そのレートが米ドルの場合、1ドル=1円の為替手数料という外貨MMFや外貨FXに比べ、
非常に不利なレートで変えなければならない。


C
メリット
・外貨FXなので、円から外貨へ交換のレートが安い

デメリット
・最低1万通貨以上が必要。

私はずーっと面倒なので、Aを利用してます。
あとはIB(Interacitive Brokers)経由というのもありますが、今はダメなのかな?
他にも有利な方法を知っている人がいればお教え下さいっ!
(*^_^*)


 いくら有利な金融商品でも、送金手数料や為替手数料などで割高な手数料を払っていると、それだけ利回りが落ちる原因になりますしね。
もちろん、肝心の金融商品自体も手数料は大事ですよね。

posted by ミヒマニア at 17:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 経済&金融的知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

中国株ETF&香港株ETF追加購入

今、調べていることがあるので、ブログの更新が週1になってます。
はぁー、先月のポートフォリオの状況も記事にしないとっ!と思いつつ今日に至ってます。
早く更新しないとっ(-。-)y-゜゜゜

中国市場・香港市場は上昇を続きで、追加購入はストップしてたのですが、今日下落したので久々に追加購入しました。

といっても相変わらず少額購入です。
追加購入したのは、下記2つの銘柄です。

・Tracker Fund of Hongkong(2800)
・FTSE Xinhua A50(2823)

下落がまた明日も続くようなら、少しずつ購入していくつもりです。
できれば調整してほしい(*^_^*)

・Lyxor Commodity CRB(2809)は上昇していたので、追加購入は見送りました。
02800_1y.gif

















02823_1y.gif


















タグ:ETF
posted by ミヒマニア at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。